「会いに行けるアイドル」として活動してきたAKB48ですが、Team 8とは「会いに行くアイドル」をコンセプトにした新チーム。

TOYOTAがサポーターとなり、2014年春から活動をしています。

メンバーは、全国47都道府県で開催された〈AKB48 Team 8 全国一斉オーディション〉によって、各都道府県から1人ずつ選出された47名。地域に密着した活動で、全国でツアーやイベントを開催しています。

 

2015年には茨城県代表・岡部麟のデザインによる公式キャラクター「エイトくん」も誕生し、グッズ展開もなされておりチーム8に欠かせない存在となっています。最近ではLINEスタンプも販売を開始しました。時には限定デザインのエイトくんも主にコンサートで販売されます。

 

47都道府県に1人ずつメンバーがいる関係上、エリア区分が設定されており、北海道・東北、関東、中部、関西、中国四国、九州の6エリアにわかれています。

 

北海道・東北エリアはそのまま北海道地方と東北地方をあわせたものとなっています。

関東エリアはエリア区分が特殊であり、関東地方と関東甲信越地方の間を取ったものになっています(関東甲信越-長野県)。

中部エリアは地方区分としての中部地方から、関東エリアに含まれる山梨県・新潟県を除いた上で三重県を足したものになっています。

関西エリアは近畿地方から三重県を除いたもので、一般的な「関西地方」と同義です。

中国四国エリアは中国地方+四国地方と全く同じで、九州エリアも九州地方がそのままあてはまります。

 

※なお卒業者が出た場合は、改めてオーディションを行い、欠員が出ている期間をなるべく短くしています。

トヨタといえば日本を代表する自動車会社ですので、チーム8は自動車にまつわるイベントも多いですが、ハイブリッドスポーツ「G's AQUA」が、AKB48 Team 8の「会いに行く」活動を象徴するコンセプトカーになっています。

日本地図モチーフのオリジナルデザインに、メンバー47名の直筆サインを入れた特別な1台となっています。

このG's AQUAは、チーム8の全国ツアーの会場入口付近に展示されており、自由に撮影ができるようになっています。その他のイベントでも展示されることがあります。(例:2017年7月の東北楽天ゴールデンイーグルスとのコラボイベント)

さらに、各種イベントではスポーティに走る姿も披露しているということだそうです。 

 

 

チーム8の詳しい情報は、Team 8公式ホームページへどうぞ。